Negla
<< グリさんとのこと | main | 10月5日〜12日までの営業日 >>
カゼインのイヤリング
カゼインのイヤリング

短大時代、私が所属していたのは工芸デザイン科のプラスチックコース。今やその短大もなければそのコースもなくなってしまい、樹脂まみれの二年間がごっそり幻のようになってしまった。さんざん扱っていたはずなのに、今ではプラスチックに関する知識もおぼろげで、あの二年間が確かにあったと信じさせてくれるのは、友人たちの存在と除光液から漂うアセトンのにおいだったりする。

プラスチックとひとくちに言ってもいろんな種類がある。古道具でおなじみなのは、半合成プラスチックのセルロイド、フェノール樹脂とも呼ばれるベークライトあたりだろうか。

メルボルンからはるばるやってきたこのイヤリングは、ミルクのたんぱく質から作られたカゼイン・プラスチックでできている。元をたどるとミルク、そう思うとなんだか距離が縮むというか、生命力を帯びて感じられるというか。

デッドストックなので未使用。全5色。どの色も絶妙でかわいい。大きさは爪の先くらい。60年代風のファッションには相性抜群だと思う。黒のミニ丈ワンピースにからし色のイヤリングなんて組み合わせもきっとすてき。先日お買い上げくださった方は、イギリスで買い求めたという素敵なアンティークのワンピースをお召しになっていた。私が見ている限り、古いものは不思議と納まるべき人の元へ納まっていくことが多い。互いにしあわせなことだと思う。人にとってもモノにとっても。

fromメルボルンのイヤリング、ひと組1200円です。
商品に関するお問い合わせはkajinoriko*gmail.comまで!
※「*」を「@」に変えてお送りください。
COMMENT









Trackback URL
http://blog.negla.net/trackback/13
TRACKBACK