Negla
<< 198 Queen st. Kingstonの花 | main | 幼稚園イス、再び >>
積極的にも消極的にも

実験用具は装飾という概念がないからいわば「用の美」なわけですが、言い換えると「これしかなかった」ということなんですよね。言葉によって、物事は積極的にも消極的にもなります。

最近の「古道具」は積極的な意味合いで使われているなと思います。古道具やを営んでいる身としてはありがたいことだけど、浮ついてはいけない……とも思います。私のお師匠さんはなんでも扱う道具やでした。骨董と古道具やの違いについて聞いた時、骨董やは選び抜いたものを扱う、古道具やはなんでも扱うってことかなぁと言っていました。もっとたくさんの言葉を使って説明してくれたので、ここだけ抽出すると不本意!と怒られそうだけど。

私の中にはお師匠さんのその言葉があって、「セレクト」なんて言葉は古道具やにあるまじき!という想いがどこかにあります。でも実際はセレクトしてます……。理想はなんでも扱うことなのですが、その道がイバラの道であることは100%確実で踏み出せずにいます。

少なくとも私にとって「セレクト」という言葉は消極的な位置づけで、自分がどういうスタンスで古道具やをやっていくかを問われる言葉であるとも思っています。まだまだペーペーだけど、ペーペーなりに考えなくちゃいけない。と、そんなことをビール片手に考える夜です。Claude Thornhillのピアノの向こうで、鈴虫の声が聞こえます。もうすぐ9月。8月最後の週末、ぜひ千駄木へお出かけください。週末は両日とも通常営業(13時〜19時)です。あ、この週末は谷中のお諏訪さま(諏訪神社)でお祭りですよー。
COMMENT









Trackback URL
http://blog.negla.net/trackback/162
TRACKBACK