Negla
<< 11月8日〜11月14日までの営業日 | main | アルマイトのお弁当箱セット >>
人形と女の子

少し前から店先に人形を出している。いろんな国の民族衣装を来た人形。もちろん古物。ある日男の子が人形を一体掴んで店の中に入って来た。「これ、いくらですか?」と聞く。ふと後ろを見るともじもじした女の子がひとり。値段を告げると、男の子は元気にお礼を言って駆け出した。女の子も後を追う。

その日の夜、女の子は再びお店に現れた。今度はお母さんを伴って。お母さんは少し、いや、だいぶん心配そうだ。聞けば女の子は数日前から「かわいい子がいるの」とお母さんに話していたらしい。それは東欧の民族衣装を着た女の子の人形で、どちらかというと渋好みの一体だった。お母さんが不安げなのもよくわかる。

女の子は嬉しそうに恥ずかしそうに、人形とお金を握りしめて私のところまでやって来た。その姿を見て、私は猛烈な感動に襲われた。ああ、この子は何かを発見したんだ。古い一体の人形に、彼女なりの価値を見い出したんだ。ありがとう。買ってくれてとってもうれしい。そう言って人形を手渡すと、女の子はニコっと笑って帰っていった。

明日10日(水)はお休みさせていただきます。
doudouさん

こんばんは!
コメントいただきありがとうございますー。
そうなんです、人形と女の子…。
最近のできごとの中で一番の思い出です。

ちなみに、他のお人形たちはまだいます。
みんなにいい出会いがあるといいのですが(笑)
ネグコ | 2010/11/11 20:08
こんにちは。
ご無沙汰をしております。
いつも、楽しく拝見しております。

11/10の人形と女の子 。
涙が出てしまいました。
いいお話をありがとうございました。


doudou | 2010/11/11 15:00
COMMENT









Trackback URL
http://blog.negla.net/trackback/200
TRACKBACK