Negla
<< ごあいさつと年始のお知らせ | main | マッサオボーダーとネグラSTORE >>
2015年幕開けの話

2015年も2月となってしまいました……。年明けからバタバタ過ごしております。2014年のビッグイベントだった東京都現代美術館ミュージアムショップ「ナディッフ コンテンポラリィ」での取り扱いが、「ミシェル・ゴンドリー展」の会期とともに終了し、2015年の仕事始めはそれらの搬出でした。ありがたいことにたくさんの品々が旅立ち、ホッとしました。品モノが売れると、なんというか、自分の存在を認めてもらえたような気持ちになります、ヘンな話ですけど。この仕事を続けていいよと言ってもらえたような気持ちになるんです、不思議なもんです。2015年もがんばろうと思いました。

写真はお正月に読んだ新聞の一部。何気なく読み始めましたが、なんと今の世相に合う話だろうかと思わず写真を撮りました。それから1ヶ月が経ち、ますますこの文章の、正確には大江さんが引用している渡辺一夫さんの文章の、重みが増しているように
思えます。テキストには続きがあって、

そして、冷静と反省とは、非行動と同一ではありませぬ。最も人間的な行動の動因となるべきものです。ただし、錯誤せぬとは限りません。しかし、常に「病患」を己の自然の姿と考えて、進むべきでしょう。

とありました。うーーーむ………、と唸りながら新聞を閉じました。
 
COMMENT









Trackback URL
http://blog.negla.net/trackback/572
TRACKBACK